クロワッサン

Pocket

こんにちは。

今日のクロワッサン。

と言っても先日作ったものですが。

レッスンに合わせてこちらは4つ折り2回にしています。

これは最高の出来!!とはいいがたい出来なのですが(最後の伸ばしでバター溶けた…)

さくっとふわっと美味しい。家庭製パンなら十分でしょう。

通常は3つ折り3回が多いんですよね。

でもそうすると、パン作りにまだ不慣れな生徒様にとっては難易度が非常に高く

時間が全く足りない。

と、いうことで4つ折り2回を採用することに。

この「●つ折りを●回」で何が変わるかというと、圧倒的に食感。

あとは食べた時に感じるバターの濃さとか。(これは配合でも結構変わる)

クロワッサンの層が完成形で何層になるかって話だから。

3つ折り×3回なら27層。生地→バター→生地→バター・・・という層のことです。

4つ折り×2回なら16層。

3つ折り3回に比べて層の数が少なくなる。

層の数で何が変わるのか??と言うと、

層が多ければサクサクっと軽い食感に。層が少なくなるにつれてザクザクした食感に。

でもこの4つ折り×2回はそこまで食感はザクザクしていないような。

パン作りってホントに奥が深くて・・・

毎月毎月レッスン内容を変え、毎月2~3種類のパンをレッスンする。

そうすると本当に試作の時間が全く足りなくて、一つのパンに対してもっともっと深堀り

したいのに出来ない。

それが私の中ではちょっとひっかかってきて。

生徒様のたくさんのご要望に応えたいという気持ちと、提供できる内容に差が出てきてしまう。

なので2021年からはひと月に設けるレッスン内容をかなり絞ったものにしていて。

ゆっくりゆったり自分と家族のペースを守りながら新しいことを提供していきたいな。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です